【新年のご挨拶】

年賀状,あけましておめでとうございます,2018年,平成30年,戌年,新年

あけましておめでとうございます!

テクノモバイル creative team 4fのヤノです。

クライアントの皆様、旧年中は大変お世話になりました。

今回はチームメンバーの作成した年賀状をお披露目致します。

(1)DE・Hosaka作

表紙にしているこちらの作品は右下のQRコードを読み込むことでおみくじが引けます!
ぜひチャレンジしてみてください٩( ‘ω’ )و

(2)DE・Kumai作

年賀状,あけましておめでとうございます,2018年,平成30年,戌年,新年

こちらは新卒エンジニアFくんにお手伝い頂き制作されたARアプリをダウンロードして楽しんでいただくもの。
実物の年賀状にカメラをかざすと…

年賀状,あけましておめでとうございます,2018年,平成30年,戌年,新年

なんと代表・播田があなたのスマホに!(笑)
iOS、Androidどちらも対応しております。

(3)DE・Kitabatake作

年賀状,あけましておめでとうございます,2018年,平成30年,戌年,新年

(4)DR・kumada作

年賀状,あけましておめでとうございます,2018年,平成30年,戌年,新年

それぞれ業務の合間を縫ってユニークな年賀状を作ってくれました。

お正月休みの話

さて、私ごとではございますが、このお休みを利用して京都奈良へ行って参りました。

メンバーに出身地を訊ねると偶然にも西と東が半々くらいの割合で、
以前「東西の広告の違い」についてチームで雑談した際に
兵庫出身のデザイナーさんが「関西のクリエイティブは独特」と話していたのですが、
今回の旅では公共交通機関の利用が多く、観光地を主に巡ったため、
要所要所でその発言を思い出し、OOHの地域属性というものを強く実感することとなりました。

例えば、電車の中吊り一つ取っても、
同時期でも地方によって業種の割合が違ったり、
同業種でもクリエイティブのテイストがまるっきり違ったりします。

流行り廃りのある業界ですが、そういった時間軸だけで見るのではなく、
地域差や業界別など、様々な視点で着目、整理することで新たに見えてくるものがあります。
普段デザイン系の仕事をされていない方も、
遠出の際には少し気にして見てみると面白いかもしれません。

最後に

本年も社員一同、「みずからが感動できるクリエイティブ」の制作に努めて参ります!

引き続きお引き立てのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

creativeteam 4f

creativeteam 4f