メニューを閉じる

テクノデジタルグループ

メニューを開く

2021.06.23

開発環境・ツール

haskell用IDEおよびデバッガインストール

■概要

haskell のIDEである haskell-language-server のVSCode拡張 Haskell for Visual Studio Code、
およびデバッガ Haskell GHCi Debug Adapter Phoityne
のインストールを行った際のメモになります。

■環境

OSはWindows10Pro
stackおよびghcはインストール済み。
なおstackのバージョンは2.7.1、ghcのバージョンは8.10.4

■Haskell for Visual Studio Code のインストール

こちらをインストール
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=haskell.haskell

その後、VSCodeでputStrLnにカーソルと合わせると、型の表示がされるようになりました。

■Haskell GHCi Debug Adapter Phoityne のインストール

こちらをインストール
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=phoityne.phoityne-vscode

↑ここで固まりますが、
以下を参考にさせていただきました。
https://qiita.com/yutasth/items/9df6e2c3937edad24aee

今度はうまくいきました。

VSCodeでlaunch.jsonの設定を行って

ブレークポイントを設定して、デバッグを開始すると、きちんとブレークポイントで停止しています。

以上。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有