メニューを閉じる

テクノデジタルグループ

メニューを開く

2021.05.17

インフラ

【Terraform入門】Windows10+WSL2にTerraformを入れて動かす

【はじめに】

JTです。遅ればせながらTerraform(https://www.terraform.io/)によるインフラ構成管理について勉強をはじめました。
この記事では、最初の一歩として、Windows10のWLS2にVisualStudioCodeで入ってterraformコマンドを実行できるところまで進めます。

Win10+WSL2環境の構築方法は

(Windows10)WSL2 + VSCode + Docker 開発環境(2020年末版)

を参考にして、必要に応じて行っておいてください

【Terraformとは?】

Terraformは、HashiCorpによって作成されたコードソフトウェアツールとしてのオープンソースインフラストラクチャです。ユーザーは、HashiCorp構成言語またはオプションでJSONと呼ばれる宣言型構成言語を使用して、データセンターインフラストラクチャを定義および提供します。(Wikipedia)
所謂IaC(Infrastructure as Code)であり、インフラ構築をコードで記述し、このコードをバージョン管理することでインフラの構成変更履歴を追跡できるようになります。
※Terraformの成り立ちおよび概要についてはこちらの記事が大変分かり易いので是非参照ください。

【Terraformのインストール】

ざっと調べたところ、以下の2パターンがあるようでした。

(その1:シンプル)Terraformのバイナリをhashicorpから取得して配置

(その2:現実的)Terraformのバージョンマネージャ「tfenv」をインストールして管理

terraformはバージョンごとで挙動が大きく異なった過去があるようで、複数バージョンを扱う必要があるとのこと。
tfenvがあればterraformのバージョン切り替えが簡単にできるので、自分はこちらでいきます。

次回はtfファイルで実際にリソースを構築していきます。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有