メニューを閉じる

テクノデジタルグループ

メニューを開く

2018.04.20

プログラミング

Domaの好きなとこ3選

こんにちは、MTです。
今回は、JavaのDBアクセスライブラリ「Doma」の好きなところを3つ紹介させてください。

※実際にDomaを使用するための設定等は割愛させていただきます。

アジェンダ

  • ・Domaとは
  • ・好きなところ3選
    • ・2waySQLである
    • ・エンティティの項目に ValueObject が使える
    • ・Collect検索機能
  • ・最後に

Domaとは

Doma = Domain Oriented Database MApping Frameworkの略。
Java製のDBアクセスライブラリになります。(ORマッパーというよりは、Resultマッパー)

MyBatisのようにDaoとSQLファイルを用意して、クエリの発行結果をエンティティにマッピングするタイプのライブラリです。(なのでResultマッパー)
現在はバージョン2までで、現在バージョン3の製作が進んでいるところです。

好きなところ3選

2waySQLである

2waySQLが何なのかを説明しておくと、「素のままでも、アプリケーションからも使用することもできるSQL」を指します。
student デーブルから id を指定してレコードを取得する場合、アプリケーション側で作成するSQLは以下のようになります。

%expand はDomaの機能で、エンティティの全項目を展開してくれるものです。

素のSQLとしては /* ~ */ で囲われた部分はコメント扱いになるので、DBクライアント等からそのままクエリを発行することが可能です。
また、アプリケーション(Doma)から発行されるクエリは

となります。
このように、素のSQLとしても、アプリケーション用としても使用できるため開発効率は良いはずです。
※勿論、実際にアプリケーションから発行されるクエリの妥当性等はテストする必要があります。

エンティティの項目に ValueObject が使える

少し話は変わりますが、こんな経験はありませんか?

上記のプログラムでは firstNamelastName の型が同じ String なので、コンパイルエラーにはなりません。
人間からすれば違う項目であることは分かりますが、それは人間の話。
コンピュータ(コンパイラ)からすれば、どちらも String なので正しいとしか判断してくれません。
このように、異なる項目に設定してしまい、実行後のテーブルを確認して初めてミスに気付くパターン、経験ありませんか?

Domaは ValueObject が使用できるので、上記のようなミスを防ぐことができます。
上記の Student エンティティを、ValueObjectの項目に置き換えると以下のようになります。

このように ValueObject を使用することで、間違った項目に値を設定した場合でもコンパイルエラーになります。

項目の数だけ ValueObject を作成する必要がありますが、作成するコスト以上のメリット(型による恩恵)があると思っています。

Collect検索機能

Domaには「Collect検索」という機能が備わっています。
「Collect検索」とは

検索結果を java.util.Collector で処理したい場合は、コレクト検索を利用できます。

です。
Domaでは複数件検索の結果は、メソッドの戻り値を List<T> にします。

こんな感じ。
この場合 StudentDao#findAllList<Student> しか返せませんが、
年齢でグルーピングした Map<Age, List<Student>> で受け取りたい場合はDaoの呼び出し元で Map への変換を行う必要があります。

単に Map で扱いたいだけなのに、わざわざ変換処理を噛ますのは面倒ですね。
そこで「Collect検索」機能です。

「Collect検索」機能は、Daoメソッドの引数に Collector を渡すことで任意の型で結果を受け取ることができるようになります。
まずDaoメソッド findAllCollector を受け取るようにします。

@Select(strategy = SelectType.COLLECT) の部分は「Collect検索」を使用する宣言だと思ってください。
findAll の戻り値は任意型にしたいので R 、引数には Collector<Student, ?, R> を受け取るようにします。
これで「Collect検索」を利用することができます。

大分スッキリしました。
また、最初と同じく List<Student> で受け取りたい場合は List に変換する Collector を渡せばいいので

こうなります。
Collector を作ってしまえば、様々な型で受け取ることができるため、柔軟性が高くなります。
「Collecto検索」素敵ですね。

最後に

他にも好きな点はあるのですが、今回は3点紹介させていただきました。
Domaは静的型付け言語のメリットを生かすことができるライブラリですので、是非使っていただきたいです。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有