メニューを閉じる

テクノデジタルグループ

メニューを開く

2021.05.11

Shopify

【海外情報】海外のメジャーASPカート調べてみました(BigCommerce vs Shopifyその2)

こんにちは。EC営業のNです。

前回の続きで「海外のメジャーASPカート調べてみました(BigCommerce vs Shopifyその2)」です。
前回の記事から読みたい方はこちら

Shopify導入検討中の方はこちらからお問合せください!

 


翻訳元サイト:ecommerce-platforms

記事名:BigCommerce vs Shopify (Mar 2021): The Ultimate Comparison

URL:https://ecommerce-platforms.com/compare/bigcommerce-vs-shopify

※注意点:本記事は元記事を翻訳し、要約をして掲載しております。正確な情報につきましては、元サイトやShopify、BigCommerce公式ページをご確認ください。
プランや機能の内容は、アメリカ合衆国でのサービスを記載しております。


 

目次

  • 支払い処理
  • 購入ボタン
  • モバイルアプリ
  • カスタマーサポート
  • 結論:BigCommerceとShopifyどちらが良い?

BigCommerce vs Shopify支払い処理

オンライン販売とオフライン販売の両方のサポートを提供することに加えて、最高のeコマースプラットフォームは、支払いを処理するためのさまざまな方法も提供する必要があります。
BigCommerceには、65を超える事前統合ゲートウェイから選択できます。これらのツールは、100か国以上と250以上のローカル支払い方法をサポートするように設計されています。言い換えれば、顧客が購入する方法はたくさんあります。
生活を楽にするために、BigCommerceは支払い処理オプションのワンクリックセットアップを提供します。つまり、AppleやAmazon PayからStripeまで、好きなすべての主要なクレジットカードと支払いの選択肢を即座に受け入れることができます。

 

さらに、すべての支払い処理ツールはすでにモバイル向けに最適化されているため、すべてのモバイル購入者がデスクトップユーザーと同じ素晴らしいエクスペリエンスを確実に得ることができます。
BigCommerceで複数の通貨をサポートすることもできるため、世界中で売り上げを集めるのが簡単になります。
BigCommerceのもう1つの大きなボーナスは、サービスベース、デジタル、および物理的な製品を簡単に販売できることです。
これらの販売を許可するためのアプリは必要ありません。そのすべてに取引手数料はありません。
ただし、BigCommerceには多くの支払いオプションと生活を楽にする方法がありますが、店舗のセットアップはそれほど簡単ではありません。選択する必要のある機能が複雑になるほど、初期設定に苦労する可能性が高くなります。
プラス面としては、組み込みの不正防止ツールと、地方自治体との問題を回避するためのコンプライアンスオプションのおかげで、BigCommerceで追加の保護を得ることができます。

 

Shopify

eコマース機能のマーケットリーダーとして、Shopifyで支払いを行う方法がたくさんあるのも当然です。
最大の欠点は、統合できる他の決済プロバイダーが100以上あるにもかかわらず、取引手数料なしで使用できるのはShopify独自の決済サービスだけであるということです。
ただし、Shopify Paymentsは、取引手数料をスキップする方法を探している場合にコストを削減するための良い方法です。また、世界中の複数の国で販売できることも保証します。
Shopify Paymentsは多くの自由を提供し、StripeやPayPalなどの個別の支払いゲートウェイにサインアップすることを心配する必要がないため、使いやすいです。ただし、コンバージョンの可能性を高めるために、さまざまな支払いオプションを顧客に提供することをお勧めします。
優れた支払いオプションのほかに、Shopifyには売り上げを伸ばすための最高の機能がいくつかあります。放棄されたカート回復ツールにアクセスして、販売、マルチチャネル販売、および強力な在庫の可能性を高めることができます。
Shopifyのアプリとアドオンの豊富なストアは、構築済みのツールに制限されることを心配することなく、eコマースサイトに必要なすべての追加機能を追加できることも意味します。利用可能なモバイルアプリを使用して、どこからでもストアを管理することもできます。

 

BigCommerce vs Shopifyモバイルアプリ

世界がますますモバイルになるにつれて、モバイル革命を利用できるeコマースサイトビルダーが必要になる場合があります。
これには、顧客がスマートフォンを使用しているときに心配することなくオンラインで買い物できるようにすることが含まれます。ただし、BigCommerceとShopifyの両方に使用できるアプリがあることを確認することもできます。
ビジネスオーナー向けのモバイルアプリに関して、Shopifyは外出先で店舗を処理するためのより多くの機能とオプションを提供します。
2つの主要な候補は、Shopify POSとShopifyアプリです。
Shopifyアプリを使用すると、注文とレポートを管理できます。一方、Shopify POSを使用すると、Shopifyストアから物理的な場所で販売できます。
BigCommerceには、注文の管理と顧客の詳細の表示をサポートするモバイルアプリもあります。ただし、BigCommerceアプリは、Shopifyと比較すると少し基本的です。
モバイルショッパーのサポートに関して、注目に値する1つのポイントは、ShopifyとBigCommerceの両方で、ビジネスオーナーが製品ページをAMP形式で表示できることです。
これは、Webサイトのページがすばやく読み込まれ、モバイルデバイスでより良いエクスペリエンスを提供できることを意味します。
私たちが知る限り、AMP機能のロックを解除するためにBigCommerceの価格に追加料金を追加する必要はありません。さらに、適切なアプリケーションがインストールされていれば、ShopifyのすべてのテンプレートでAMP技術を使用できます。
BigCommerceやShopifyなどのツールが、MagentoやSquarespaceなどのツールから際立つのに役立つのは、このような機能です。

 

Shopifyの代わりにBigCommerceを使用する場合

成長を続けるeコマースビジネスオーナーとして、どの支払い処理業者を使用し、どのストアビルダーに投資するかについては、多くの決定を下す必要があります。
BigCommerceとShopifyのどちらを選ぶか迷っている場合は、アドバイスがあります。
BigCommerceは通常、取引手数料を回避したい企業にとって最高の選択肢です。放棄されたカートを保存する機能など、特定のツールを除いて、BigCommerce標準プランでは、Shopify標準プランよりも多くの追加機能を利用できます。さらに、コードへのアクセスが深まるため、特注のWebサイトの作成も簡単になります。
BigCommerceは、ビジネスの成長に役立つ可能性のある最新のレポートにアクセスしたい人に最適です。 Shopifyとは異なり、すべてのプランでこれらの分析を取得できます。さらに、リアルタイムの運送業者の見積もりをお得な送料で入手することもできます。 Shopifyで月額299ドルを支払うまで、これらの見積もりは取得できません。
BigCommerceは、Shopifyよりも多くの製品オプション、およびBigCommerceを使用した製品オプション用の多数のカスタムフィールドとファイルアップロードも提供します。これにより、さまざまな製品の販売が容易になります。さらに、これらの製品を選択した通貨で世界中の顧客に販売するオプションがあります。
カスタマーサービスについては、BigCommerceは世界中のさまざまな国へのより多くの電話アクセスを提供し、無制限のスタッフアカウントも取得します。さらに、すべてのBigCommerceプランは、さまざまなPOSシステムと連携して、オフラインでの販売を支援します。

 

BigCommerceの代わりにShopifyを使用する場合

明らかに、Shopifyには考慮すべき利点もあります。実際、多くの人にとって、Shopifyはeコマースツールのマーケットリーダーとして際立っており、数十の販売機能を備えているため、すぐに利益を増やすことができます。
より安い価格で放棄されたカートの回復アクセスを提供するものを探しているなら、Shopifyはあなたにとって正しい選択かもしれません。 Shopifyでこの機能を利用するために、より大きなパッケージを購入する必要はありません。さらに、予算が限られている場合は、Shopify Liteを使用するとすぐに開始できます。
Shopifyはまた、サイトの見栄えを良くするためのより多くの機能を提供し、より優れたテンプレートを使用でき、さまざまな書体も提供します。その上、Shopifyの有料テンプレートは、BigCommerceが提供する同様のオプションよりもはるかに優れていることがよくあります。
Shopifyはより強力なモバイルアプリを備えており、外出先でビジネスオーナーに提供する機能が増えています。さらに、BigCommerceのように統合に頼る必要がなく、メールマーケティングをすぐに利用できます。
バックエンド機能に関して、Shopifyは、優れた製品分類と豊富なサードパーティアプリから選択できる、より簡単で包括的なエクスペリエンスを提供します。 Shopifyを使用すると、さまざまな税率に対応し、VATMOSSルールを順守することもできます。Shopifyはあなたに代わって多くの財務作業を行うことができます。
オフラインで販売している場合、Shopifyには、外部の会社に頼るのではなく、ブランドから直接アクセスできるさまざまなPOSツールがあります。さらに、Shopify POSツールの機能についてもより良い感触を得ることができます。
Shopifyは、RSSフィードを備えた優れたブログツールも提供します。販売制限を超えても、新しい価格帯に押し上げられることを心配する必要はありません。

 

BigCommerce vs Shopifyどちらが良いですか?

では、BigCommerceとShopifyどちらが良いのでしょうか。
素晴らしいニュースは、ShopifyとBigCommerceのどちらを選ぶかということに関しては本当に間違った選択はないということです。プラットフォームは両方とも同様の価格設定と同様の機能を提供します。それはすべて、これらすべての機能を提供する方法によって異なります。
Shopifyには、もう少し成熟したサードパーティのエコシステムがあります。 Shopifyを使用すると、Shopifyに精通したデザイナー、開発者、フリーランサー(サポートを提供する準備ができている)のより活発なコミュニティにアクセスできます。
また、これはもう少し初心者向けのプラットフォームであり、特にeコマースストアを自分で立ち上げるのが初めての場合はなおさらです。
一方、BigCommerceは、アプリストアにアクセスしてアップグレードを取得しなくても、いくつかの優れた高度な組み込み機能を提供します。ストアをよりきめ細かく調整することを好むユーザーの場合は、BigCommerceを選択することをお勧めします。


いかがでしたでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。

Shopify導入検討中の方はこちらからお問合せください!

 

おわり。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有