メニューを閉じる

テクノデジタルグループ

メニューを開く

2021.05.11

Shopify

【海外情報】海外のメジャーASPカート調べてみました(BigCommerce vs Shopifyその1)

こんにちは。EC営業のNです。

日本では、MakeShop,カラーミーショップ、Shopify、Baseなど様々なASPサービスがありますが、海外ではどのようなものがあるかご存じでしょうか?
海外では、Shopify、BigCommerce、WooCommerceなどが有名なASPサービスです。
今回は、日本国内でも人気が出始めているShopifyとBigCommerceを比較している記事がありましたので、要約しました。
Shopifyはもちろんですが、BigCommerceも日本から利用ができますので参考にして貰えると嬉しいです。

 

Shopify導入検討中の方はこちらからお問合せください!

 


翻訳元サイト:ecommerce-platforms

記事名:BigCommerce vs Shopify (Mar 2021): The Ultimate Comparison

URL:https://ecommerce-platforms.com/compare/bigcommerce-vs-shopify

※注意点:本記事は元記事を翻訳し、要約をして掲載しております。正確な情報につきましては、元サイトやShopify、BigCommerce公式ページをご確認ください。
プランや機能の内容は、アメリカ合衆国でのサービスを記載しております。


 

目次

  1. 長所と短所
  2. 背景情報
  3. 価格
  4. 機能
  5. デザインとユーザーエクスペリエンス
  6. 拡張機能

 

BigCommerce vs Shopify:長所と短所

それぞれどのプランを選択するか、追加するオプションを検討するか考える前に、各プラットフォームの長所と短所を知る必要があります。 すべてのeコマースサイト構築ツールには、考慮すべき長所と短所があります。
無料のテーマとSSL証明書を提供するものもあれば、優れた販売ツールと驚くべきバックエンドの使いやすさを提供するものもあります。
まずShopifyの長所と短所から記載します。

Shopifyの長所

  • eコマースサイトに販売機能を追加するのに最も適している
  • プラスプランやプレミアムプランなど、さまざまなプランから選択ができる
  • バックエンドとしてプラグインツールと拡張機能を介して機能を追加する方法が多くある
  • Shopifyエキスパートを含む疑問点を解消する広大なコミュニティがある
  • トランザクションを管理するための優れた在庫システムがある
  • ソーシャルメディアプラットフォームおよびその他の環境でのマルチチャネル販売のサポートがある
  • たくさんのテーマとデザインから選択ができる
  • 24時間の専任チームによる手厚いサポートがある

Shopifyの短所

  • スケーラビリティの制限があり、サードパーティの多通貨アプリに依存する必要があります
  • Shopify Paymentsを使用していない場合、取引手数料が多くかかる
  • テンプレートを切り替えるたびにサイトを再構築する必要がある
  • ブログ機能は他のものほど良くない
  • URL構造はSEOには理想的ではない

次に、BigCommerceの長所と短所についてです。

BigCommerceの長所

  • オンライン販売のための多数の組み込み機能がある
  • 他社と比較した際の取引手数料が少ない
  • オンラインでランク付けするためのしっかりしたSEO機能がある
  • オンラインで急速に成長したい企業向けのスケーラビリティである
  • 素晴らしいマルチチャネル販売機能がある

BigCommerceの短所

  • 特に複雑な用語が用いられるケースが多く、初心者には使いにくい
  • 技術を最大限に活用したい場合は、コーディングの知識が必要
  • BigCommerceプランには、年間売上のしきい値がある。しきい値を超えると、より多く料金を支払うことになる。
  • BigCommerceで多言語ストアを作成するのは簡単ではない
  • 初心者にとってインターフェースの編集は難しい場合がある

 

BigCommerce vs Shopify:背景情報

BigCommerceは2009年にオーストラリアのシドニーに設立されましたが、現在はテキサス州オースティンに本社があります。
同社は成長軌道に乗っており、世界中で100,000を超えるオンラインストアにサービスを提供しています。
そうは言っても、ShopifyはBigCommerceよりもはるかに急激な上昇を経験しており、毎年より多くのクライアントを引き付けているようです。
Googleトレンド(青色でShopify)を介してこの比較を見てください:

ここで焦点を当てることが重要なのは、両方の会社が非常に正当な理由で成長しているということです。

 

BigCommerce vs Shopify価格

購入を検討する際には、価格が一番の要因になることがよくあります。
しかし結局のところ、あなたがそれを買う余裕がないならば、与えられた製品がどれほど良いかは問題ではありません。
幸いなことに、BigCommerce とShopifyの領域では、予算に関係なく、自分で最適なプランを選択することができます。

Shopifyで最も安いプランは、既存のサイトや他のWebサイト、およびソーシャルメディアにも配置できる「購入ボタン」を提供します。上記表の通り、Shopifyは、オンラインストアとして機能するために別の新しいウェブサイトを必要としない限り始めるには安価です。
つまり、Shopifyパネルで新製品を作成し、それぞれに個別の購入ボタンを取得できるという考え方です。ただし、取得できないのは新しいオンラインストアのWebサイトです。(BigCommerceには、このShopify ライトプランに代わるものはありません。)
本格的なオンラインストアが必要な場合は、ShopifyまたはBigCommerceのいずれかで月に約30ドルを費やす必要があります。
Shopify ベーシックプランとBigCommerce Standardはどちらもほぼ同じ範囲の機能と制限を提供します。
唯一の違いは、BigCommerceでは作成できるスタッフアカウントの数が制限されていないのに対し、Shopify ベーシックプランではでは2つしか作成できないことです。
どちらのプラットフォームも、24時間年中無休のライブチャットと電話というサポートオプションを提供します。
30ドルで提供されているエントリーモデルよりも高いプラン(Shopifyでの79ドル/ 299ドルのプランとBigCommerceでの79.95ドル/299.95ドルのプラン)に関しては、ギフトカードと専門的なレポートを入手できます。
BigCommerceを使用して、月額79.95ドルにアップグレードすると、顧客グループとセグメンテーション、「放棄されたカートセーバー」に加えて、始めたばかりの場合は使用しない高度な機能をいくつか設定できます。
価格設定について言えば、あなたはまたあなたがするすべての販売に伴う料金を考慮に入れなければなりません。 BigCommerceとShopifyの両方が、取引手数料を請求しないと言っていますが、それは事実ではありません。
彼らはすぐにあなたの販売価格の一部を自分たちで受け取ることはありませんが、どちらもクレジットカードの処理手数料を請求します。それらは、トランザクションごとに2.2%から2.9%+ 30cの範囲にあります。
さらに、BigCommerceの最近の価格変更により、成長するビジネスがコストを抑えながらスケールアップするのは難しい場合があります。つまり、125,000ドルを超える収益を上げると、BigCommerceはエンタープライズプランへのアップグレードを強制します。これにより、同様の販売量のシナリオでShopifyよりもはるかに高額になります(月額900ドルから1,500ドル)。
全体として、価格設定に関しては、両方のプラットフォームはほぼ同じように見えますが、唯一の違いは、Shopifyの月額9ドルのプランです。これは、実際にオンラインストアを取得しなくても、eコマースの世界に参入するための優れた低コストオプションです。
大事なことを言い忘れましたが、どちらのプラットフォームも無料トライアルを提供しているので、事前にテストすることができます。

 

BigCommerce vs Shopify機能

どちらのプラットフォームにも、すぐに使用できると思われるすべての標準的なeコマース機能が付属しています。欠けているものはありません。
BigCommerceとShopifyはどちらも、次の機能を提供します。

  • 無制限の製品
  • 無制限の注文
  • 無制限のディスク容量
  • 無制限の帯域幅–ストアが処理できる訪問者の数を制限
  • 24時間年中無休のライブチャット+電話サポート
  • フル機能のオンラインストアWebサイト+顧客が使用できるショッピングカート機能
  • ビジュアルおよびドラッグアンドドロップを利用したツールを使用してストアを構築します
  • 「POS」実店舗でeコマースの設定を使用する
  • モバイル向けに最適化されたストア
  • クレジットカード処理+複数のオンラインゲートウェイシステム
  • 配送の統合
  • 税計算の自動化
  • 顧客アカウント
  • 組み込みの検索エンジン最適化
  • レベル1PCIコンプライアンス(あまり知られていないが、オンラインストアを立ち上げる際の重要な要素)
  • 無料のSSL統合
  • ソーシャルメディアを介して販売するツール
  • 在庫管理
  • 販売レポート

ご覧のとおり、リストは膨大です。すべてShopifyとBigCommerceの両方によって提供されます。
これらのプラットフォームの内部を見てみると、実際にはそれほど大きな違いはありません。
ShopifyとBigCommerceはどちらも市場に細心の注意を払い、競合他社によって導入されているすべての機能を有しています。
Shopifyは多言語設定をより簡単に行うことができ、ドロップシッピング用のツールが組み込まれています。
一方、BigCommerceは、多層ホスティングセキュリティとDDOS保護に強みを持っています。さらに、商品比較サイトに商品を簡単に掲載できます。

 

BigCommerce vs Shopifyデザインとユーザーエクスペリエンス

多くのオーナーは自分の店がバックエンドでうまく機能することを望んでいるでしょう。
また、顧客が商品を購入したいと思うように、フロントエンドで十分に魅力的に見えるようにする必要があります。
ストアのデザインオプションをBigCommerceとShopifyを比較すると次のようになります。

Shopify

無料と有料の両方で、100を超えるデザイン/テーマから選択できます。さらに、それらはすべて素晴らしくモダンに見えます。
Shopifyのテーマはカテゴリにグループ化されているため、特定のニッチまたは市場に適したテーマを簡単に見つけることができます。

テーマは主にサードパーティのデザイナーによって設計されています。プレミアムテーマに関しては、通常80ドルから200ドルの範囲で、1回限りの料金です。
Shopifyのユーザーコミュニティはこれらのテーマで本当に素晴らしいことをしてきました、そしていくつかのライブストアは本当に印象的です。アイデアを得るために、既存のShopifyストアのギャラリーを見てください。

同社は確かにデザインに焦点を当てていることに誇りを持っています。
これは、ユーザーエクスペリエンスと、ストアテーマの非常に堅牢なライブラリの両方に反映されています。
Shopifyのユーザーエクスペリエンスは他のコンテンツ管理システム、つまりWordPressと非常に似ているため、Webベースのツールにある程度精通しているほとんどのユーザーは快適に感じるはずです。
UXに重点を置いているため、Shopifyのストアでの作業は、初めてのユーザーでも非常に簡単に理解できます。

メインダッシュボードは次のようになります:

すべてのオプションは期待どおりの場所にあります。さらに、Shopifyには、すべてをステップバイステップで実行できる優れたオンボーディングウィザードがあります。
新製品を追加すると、次のようになります:

 

BigCommerce

BigCommerceは、選択できるテーマとユーザーダッシュボードインターフェイスや、デザインに関しても魅力的です。
Shopifyは既存のオンラインツールとCMSから学習するユーザーエクスペリエンスを作り上げたようですが、BigCommerceの人々は、プラットフォームのインターフェイスに対してよりユニークなアプローチを採用しています。
これは良いことでも悪いことでもあります。製品の追加などのいくつかの基本的なタスクでは、Shopifyよりも少し面倒なプロセスになります。ただしいくつか追加すると高度なオプションを設定することができます。これは、より細かいレベルの詳細/カスタマイズが必要な場合に特に便利です。

BigCommerceのメインダッシュボードは次のようになります:

 

新製品を追加したときの画面は次のようになります:

テーマに関しては、BigCommerceには、Shopifyと同様に、無料と有料の両方のテーマのかなり広範囲なカタログが用意されており、複数のカテゴリに分類されています。
有料のテーマは、Shopifyのテーマのコストとほぼ同じです。
ただし、少し高価なプレミアムテーマもいくつかあり、場合によっては300ドル近くかかります。

Shopifyと同様に、BigCommerceにも既存のユーザーサイトのギャラリーがあります。


BigCommerce vs Shopify
拡張機能

どちらのプラットフォームも組み込み機能に関して十分なものを提供しますが、拡張できる拡張機能を追加することもできます。
ShopifyのAppStoreには、社内とサードパーティの開発者の両方によって開発された500を超えるさまざまなアプリが含まれています。
これらのアプリを使用すると、基本的にストアに考えられるあらゆる機能を追加できます。
コンバージョン、SEO、マーケティング、顧客維持、ソーシャルメディア統合、フルフィルメント、カスタマーサポートなどを最適化するための拡張機能があります。

拡張機能の多くは無料です。プレミアムのものは月額15ドルから50ドルの範囲にあります。 「BigCommerce vs Shopify」の問題のBigCommerce側では、同じカテゴリの多くで同様の範囲の可能な拡張機能を利用できます。 BigCommerceのカタログには無料アプリと有料アプリの両方があります。
Shopifyの場合と同様に、これにより、ストアの所有者はマウスを数回クリックするだけで機能を追加できます。

ただし、BigCommerceアプリストアでの全体的な選択は、Shopifyのものよりもわずかに少なくなっています。
機能の観点からは、BigCommerceに相当するものがなかったアプリをShopifyで見つけるのは難しいでしょう。
利用可能な無料の拡張機能があります。 有料のものは月額約20ドルから50ドルです。


元記事が長い為、その2に続きます。

Shopify導入検討中の方はこちらからお問合せください!

 

おわり。

 


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有